日本製の革財布「ココマイスター」を使うメリット

今は財布に限らず、中国や東南アジアに工場を持っている商品が多いと思います。

理由はとてもシンプルで、人件費が安く済む為、生産コストを抑えられるから。
made in Japanの「ジャパンプレミアム」もだいぶ薄れてしまったように思います。

有名な欧州のブランド物でも、実際の生産国は中国だったりします。
 

日本製の革財布「ココマイスター」を使うメリット

日本人は世界的にも珍しい「マメ」で「繊細」な民族です。
それは革製品の分野にも言えることで、日本製の製品はモノが違うと思います。

熟練職人が手作業で作った革財布など、あまりにも美しくうっとりしています。

見ているだけで不思議と心が温まる、芸術品のような趣があります。

職人さんが手作業で作ったものは、当たり前のように丈夫でしっかりしています。
万が一の場合も、国内で職人さんが修理をしてくれるのは大きなメリットだと思います。
 

日本の職人と欧州の伝統技術が融合

「ココマイスター」の素晴らしいところは、日本の熟練職人が作るということだけではありません。

製品のほとんどが、欧州の厳選された皮革を使用しています。
トスカーナ地方(イタリア)に1000年以上受け継がれている技術によって作られた”マットーネ”という皮革や、イギリスで馬具用に開発された圧倒的な存在感のある”ブライドルレザー”という皮革が代表です。

日本の熟練職人と、欧州の伝統技術。
想像しただけで鳥肌が立つような、質も品も最高な革財布ができそうですよね。

メンズの商品が多いですが、レディース向けのものもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メンズ革財布 おすすめシリーズ

マットーネ

マットーネシリーズ

コードバン

コードバンシリーズ

マルティーニ

マルティーニシリーズ
ページ上部へ戻る