「鞄」という漢字ができたのは結構最近のこと

「鞄」という漢字の成り立ち

「かばん」という言葉は昔からありましたが、「鞄」という漢字ができたのは最近のことで、
幕末~明治初期には、「革盤」「革包」「革手包」「革袋」「提嚢」などと呼ばれていたそうです。

そのうち、革包という言葉を一文字にまとめ「鞄(かばん)」という漢字ができた、
という説が有力です。
 

「カバン」の語源は諸説ある

「カバン」の語源は、オランダ語の「カパス」だという説もあれば、
「革盤(カワバン)」が転じて「カバン」になったという説、
中国で”箱”を意味する「夾板(キャバン)」が「カバン」になったという説もあるようです。

いずれにしても幕末~明治初期までは定まっていなくて、
「鞄(かばん)」になったのは割と最近のことのようです。面白いですね。

明治10年に賞をもらった銀座の老舗鞄店では、その賞には「提嚢」と書かれていたそうです。

世界一難しい言語と言われる日本語は、いろいろな国の文化を取り入れて、
それを独自のものにしながらどんどん進化して、今日の言葉になったんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メンズ革財布 おすすめシリーズ

ジョージブライドル

ジョージブライドルシリーズ

ブライドル

ブライドルシリーズ

ナポレオンカーフ

ナポレオンカーフシリーズ
ページ上部へ戻る