ヌメ革を愛用するには?

よく好まれる「ヌメ革」とは?

よく、男性の中には手帳のカバーなどに「ヌメ革」を好んで用いる方がいます。
本格的なメンズの財布にも、内装に使われることはとても多いです。
革にくわしくない人からすると普通の革と何が違うのかが分からないこともあると思います。

「いったいどういう差があるんだろう?」と疑問に思ってしまいがちなのですが、実はヌメ革というのは「塗装がされてないタンニンなめしを使ったそのままの革」のことなのです。

ヌメ革は、「革そのものの照り」「革そのものの肌触り」を体感できるので、使えば使うほど味が出てきます。

定期的な手入れが必要

塗装や染色がされていないため、定期的な手入れは必須となってしまうのですが、その分その人の個性が反映されやすいので、手間暇をかけるのが好きな人などはあえてこういった革を選び、手帳カバーなどに愛用しているのです。

もちろんヌメ革は手帳カバーに限らず、財布やブックカバーなどさまざまなものに用いることができるので、手持ちのアイテムをすべてヌメ革にしてるという方も少なくありません。

しかしこういった方は手入れのためのアイテムもある程度は吟味しなければならないので、購入するのであれば事前に「どのようなものが必要であるのか」ということを一通り調べておかなければならないのです。

長く愛用するにはきちんとケアを

一度必要なものを買い揃えてしまえば後は手入れをしつつ使っていくだけなのですが、特にブックカバーなどは意外と手垢がつきやすいので、手入れを徹底しないと照りがなくなっていってしまう傾向にあります。

この辺りはその人の好みにもよるのですが、照りを残したい場合は定期的に革を管理する必要があるので、天然素材としての魅力を残しつつ手入れをしていくようにしましょう。

また、手入れにあたっては専門業者などに頼むこともできます。余裕があればその方が長持ちするので年に一回程度は専門業者に任せて手入れをしてもらうのがベストです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メンズ革財布 おすすめシリーズ

ジョージブライドル

ジョージブライドルシリーズ

パティーナ

パティーナシリーズ

ナポレオンカーフ

ナポレオンカーフシリーズ
ページ上部へ戻る